コマ撮りのつくり方 2017年6月22日

メディア工作ワークブック

パンタグラフさんがまたしてもすごい本が出されました!「メディア工作ワークブック」です。工作からアニメーションについて幅広く書かれた本です。

mediakousaku

メディア工作ワークブックのCM動画

内容と感想

この本、ほんとうにすごいですよ。「まわる」「ひかる」「うごく」をテーマに色々なものの作り方がわかりやすく紹介されています。「まわる」では主にモーターを使った工作。そしてスリットアニメーションやゾートロープなどアニメーションに関連する工作も紹介されています。「ひかる」ではLEDなどの照明を使った工作がテーマです。

工作道具といった基本的なことから、モーターの回転数や電圧の用語説明があったり、LEDなど照明器具の配線の直列や並列の違いや、電気抵抗などちょっと専門的な用語まで、初めて工作する人に向けてとても親切な語り口調で説明してくれています。これ一冊で夏休みの工作宿題が何年分でも作れそう。

「うごく」編はコマ撮りアニメーションについてです。カメラ機材から撮影方法・パソコンでの編集・合成など親切丁寧に書かれています。パンタグラフさんのツイートで少し見れますが、アニメーションの原理からボールの投げた軌跡や物の倒れ方のリアルな描き方などの動かし方のコツや演出方法などもたくさん書かれています。

何と言ってもそれぞれのアニメーションの例がどれも素敵でワクワクします。いくつか下で紹介します(全部YouTubeでみれます)

作例

ブロック崩しアニメーション

置き換えアニメーション

積み木増殖アニメーション

型抜き粘土アニメーション

過去作品

本書の後半は「実践編」と題してパンタグラフさんの過去の作品がたくさん紹介されていて、そこでもどうやってアイデアを出して、制作物にどう落とし込んでいったのか、ものづくりのテクニックが説明されているだけでなく、クライアントワークをどう進めていくか、どう見栄えのよい演出をしていくかなど考え方についても書かれており、興味深い話が盛りだくさんです。どこを読んでも為になること間違いなしです!

その他情報

Amazonで購入できます
中身も数ページ見れます。

パンタグラフさんの美術造形の本「造形工作アイデアノート」もおすすめです。
紹介記事こちら

パンタグラフさんのサイト
ツイッター

0

ABOUTこの記事をかいた人

竹内 泰人

「コマ撮り大好きコマドリスト」を名乗って活動中。コマ撮りの監督したり企画を考えたり、アニメーターをしています。CM制作会社キラメキにてマネージメントをお願いしています。お仕事の依頼はこちらまで
【キラメキのサイト】メール:kirameki@kirameki.cc
日記サイト【無重力とザクロドクロ】
Facebookはこちら
Tiwitterはこちら