作品レビュー 2019年9月17日

ネガティブスペース

父と子のつながりを描いた人形アニメーションの紹介です。
世界の映画祭で受賞しまくりでコマ撮り業界でも有名な作品です。

Negative Space

これが発表されて2年くらいはどこの映画祭に行っても見かけました。原案はナレーションにもなっている詩です。これをもとに映像のストーリーを作ったようです。

メイキング

感想とか

走ってた車がカット変わったらジッパーになってたり、洋服が波になったり魚になったり、と人形アニメならではの演出がとにかくお洒落で可愛い!!人形のデザインも、小物やセットの物としての質感も、コマ撮りらしく見ててとても気持ちがいい作品ですよね。ストーリーはやや悲しいですが。

監督は日本人の桑畑かほるさんとアメリカ人のマックス・ポーターさん。
こちらの記事に制作について書かれてます。

シネマトゥデイ“アカデミー賞短編アニメ賞に日本人候補!アメリカ人とフランスで製作『ネガティブ・スペース』って?”
https://www.cinematoday.jp/news/N0097906

Negative Spaceではないですが2015年の桑畑かほるさんのインタビュー記事がtampen.jpにあります。
アメリカでのアートアニメーションのふところ事情などが語られてます。
http://tampen.jp/article/435

リンク

監督ユニットTiny Inventionsのサイト
http://www.tinyinventions.com/main/negative-space/

Vimeo
https://vimeo.com/tinyinventions
素敵な作品多数(コマ撮りだけでなくCGなども)

インスタグラム
https://www.instagram.com/tinyinventions/


ABOUTこの記事をかいた人

竹内 泰人

「コマ撮り大好きコマドリスト」を名乗って活動中。コマ撮りの監督したり企画を考えたり、アニメーターをしています。CM制作会社キラメキにてマネージメントをお願いしています。お仕事の依頼はこちらまで
【キラメキのサイト】メール:kirameki@kirameki.cc
日記サイト【無重力とザクロドクロ】
Facebookはこちら
Tiwitterはこちら