作品レビュー 2017年9月14日

オトナドワーフ『weaving』

ジュエリーの蜘蛛が怪しくも美しいコマ撮りの紹介です。

すごく綺麗でこんな色合いのコマ撮りは初めて見ました。実際の蜘蛛の巣についた水滴がキラキラと光る様子は宝石みたいに見えますよね。それを本当にジュエリー(的な素材)で表現したとも言えますが、それ以上に、この映像の美しさと妖艶さは蜘蛛や昆虫たちがもつ魅力に通じていると思います。最後に蝶が食べられてしまうのか、という終わり方も単純に綺麗なだけでない世界観になっていますよね。

オトナドワーフ

こちらはドワーフさんが作られた「オトナドワーフ」というシリーズの2作目。オトナドワーフは「かわいいだけではないシックなライン」(dwarfのTwitterより)の作品たちです。その第1段はこちら↓。

SEASON’S GREETINGS 2017 FROM DWARF

ケーキの形をしたゾートロープの作品ですね。回転する様子は「動画撮影&ストロボ」ではなくコマ撮りでしょうか?リスが走る様子がかわいいですね。雪がラインストーンで表現されていますね。映像の最後はコマ撮りでリスが動き出してケーキを登るという、作品の枠を1つ破ってラストに行くという構成も素敵です。

全体的に白とグレーの色彩なんですが、これは実際にやってみると難しいです。白い背景の前にそのまま白いキャラクターを置くと馴染みすぎて見えづらくなってしまうのです。オトナドワーフはどちらも色彩設計を美術造形とライティングでしっかりされていて、ビジュアルが美しいです。

0

ABOUTこの記事をかいた人

竹内 泰人

「コマ撮り大好きコマドリスト」を名乗って活動中。コマ撮りの監督したり企画を考えたり、アニメーターをしています。CM制作会社キラメキにてマネージメントをお願いしています。お仕事の依頼はこちらまで
【キラメキのサイト】メール:kirameki@kirameki.cc
日記サイト【無重力とザクロドクロ】
Facebookはこちら
Tiwitterはこちら