作品レビュー 2017年7月31日

ヤクルト ケール&フルーツスムージー

ヤクルトの「ケール&フルーツスムージー」のwebCMの紹介です。竹内泰人が監督とアニメーターをしてきました。

商品サイトはこちら

『跳ねるフルーツ篇』

ケールという栄養たっぷりな植物のスムージーで、他にもリンゴやマンゴーも入っていることを伝える内容。果物が増えていく軌跡がポンポンと跳ねるようなイメージにしました。

『空飛ぶケール編』

こちらはケールの葉が鳥か蝶のように飛んでいるイメージです。

メイキング

ケールの葉

食材は全部本物です。フードスタイリストさんにケールの葉っぱを何十枚と用意してもらって、形や色や葉脈が綺麗なものを選びました。ケールの葉はつくってる農場でけっこう形が違うので、理想的なものを探すのが大変でした。食べ物のフェイクを作るのも大変ですけど、本物の野菜を使うのはそれはそれで大変です。

そしてケールは時間がたつとしおしおになってくるので、ワンカットに見えるところでも、途中で撮影を中断して水をいれた容器にさして冷蔵庫に保管して少し待つということを繰り返しました。

果物の配置

yakult_1
『跳ねるフルーツ編』ではスポンジで作った輪っかの上に果物を乗せています。そうすることで果物が転がらないですし、好きな面をカメラに向けれます。

大麦若葉

yakult_2
画面下にでてくる大麦若葉は小さなプランターで栽培して(フードスタイリストさんが撮影日に合わせて種まきして育てました!)そのプランターを並べて、数をかえることでコマ撮りにしています。

逆回(ぎゃっかい)

果物が増えるシーンは果物を全部配置してから、1個ずつ無くしていくコマ撮りをしています。減らしていくコマ撮りをして編集で逆再生。逆回(ぎゃっかい)と呼ばれます。おそらく逆回転のこと。完成したレイアウトを綺麗にしたいときなどに逆回しますね。

撮影終わったマンゴーとか食べれて美味しい現場でした。

スタッフ

監督&アニメーター:竹内 泰人
カメラ&照明:古賀 親宗 sinca.inc
美術:ハタデコラティブアート
フードスタイリスト:ふじわら みさ

0

ABOUTこの記事をかいた人

竹内 泰人

「コマ撮り大好きコマドリスト」を名乗って活動中。コマ撮りの監督したり企画を考えたり、アニメーターをしています。CM制作会社キラメキにてマネージメントをお願いしています。お仕事の依頼はこちらまで
【キラメキのサイト】メール:kirameki@kirameki.cc
日記サイト【無重力とザクロドクロ】
Facebookはこちら
Tiwitterはこちら