コマ撮り道具 2017年1月21日

比率計算のアプリ

今回はスマホのアプリを紹介します。
こんな感じに困ることありませんか?「16:9の映像だけど納品サイズが横幅500ピクセルって言われたけど縦はいくつだろう?」「この画像の縦横比率を一緒にして小さくしたいけどピクセル数はどうしよう」「縦50cmの画用紙で3:2の四角形を作りたいけど横は何cmだろう」とかとか。そんな比率の計算を簡単にしてくれるアプリの紹介です。

同じ機能のものをiPhoneとAndroidそれぞれ紹介します。

Aspect Ratio X Calc

hiritsu_01
iPhone用。無料です。

hiritsu_02
入力する欄が3つあり、上に比率を入力して、下にはすでに決まっている値を入力します。すると・・・

hiritsu_03
こんな感じで残りの値を計算してくれます。真ん中の矢印のボタンをタップすると、入力した数値の左右が入れ替わります。

ダウンロードはこちらから。iTunesのページ

比率計算

hiritsu_04
Android用。こちらも無料です。

hiritsu_05
こちらも入力する欄が3つ。
比率と決まってる値を入力すると・・・

hiritsu_06
すぐに計算してくれます。

ダウンロードはこちらから。google playのページ

webサイト

アプリを使わなくてもネット上のサイトで比率計算をするだけのページは意外とたくさんあります。
こちらとか。
http://calculateaspectratio.com/

一番上のプルダウンメニューに16:9などの比率があらかじめ選べる様になっています。その数字を消して自分で好きな比率も入力できます。

おまけの感想

このアプリを知る前は僕はよく紙に数字とx(エックス)を書いて、分数にしたりして一生懸命に計算していました。これがあればあっという間。計算ミスもなし!便利な時代ですね。

    
作品レビュー 2017年1月19日

Her Morning Elegance

こんにちは。最近は寒い日がつづいて、朝お布団から出たくないですね。そんな気持ちとは関係ありませんが、ベッドの上で繰り広げられるコマ撮り作品を紹介します。

イスラエルのシンガーソングライターOren Lavieさんの2009年の曲『Her Morning Elegance』のMVです。

ベッド上で女性が歩いたり落ちたり泳いだりと真俯瞰アングルならではの色んな動きが楽しいですね。まわりの背景も枕で雲を表現したり、靴下が小魚になったり、ストールがクラゲ?タコ?になったりと、布系の小物でまとめていて素敵ですね。真俯瞰でのピクシレーション作品はいまは色々なところで見ますが、この作品がヒットしてみんなもするようになったんじゃないかな(個人的予想)。

    
コマ撮りのつくり方 2017年1月14日

つくろう!コマ撮りアニメ

コマ撮りの作り方についての本の紹介です。
私、竹内泰人が書きました。

tsukurou

Amazonで買えます。

初めてコマ撮りをする人向けに楽しい感じで書きました。作例は全部で20個で、材料などは100円ショップとかで買えるものを中心に、すぐにコマ撮りできるようなアイデアをたくさん考えました。すべてYouTubeで見れますのでここで紹介します。

身近なものを使ったコマ撮り

えんぴつと消しゴム

マグカップくん


家にある雑貨にシールで目をつけたらキャラクターになります。動きにもまっすぐやジグザグなどバリエーションが考えれますという作例です。

スーパーボールマジック


お気に入りのコマ撮りです。ビー玉とおはじきの「置き換え」でまるでビー玉を潰したように見えるのが好きです。

手袋じゃんけん


手袋に針金をいれて作りました。

フェルトちょうちょ


布とかでもコマ撮りできます。真俯瞰のアングルならキャラクターをささえなくていいので楽チンです。

紙を使ったコマ撮り

バースデーカード


お子さんとかを出演させたかったら写真から作れるよという作例

フランス旅行記


顔写真からキャラクターを作って見ました。自分の写真なのでやや恥ずかしい作例(笑)

オオカミとリンゴ


リンゴを丸呑みして上手に芯だけ吐き出すオオカミ(笑)

紙人形バスケット


関節をつけた紙人形のコマ撮り。こういうパーツごとに切り分けて並べる撮影を「切り絵アニメ」や「カットアウトアニメ」と呼びます。

粘土を使ったコマ撮り

ブルークレイ


ねんどがうねうね動きます。ある形から別の形へ変形していく動きをメタモルフォーゼと言います。

空色カメレオン


一番撮影日数がかかった作例。カメレオンがどんどん柄を変えていき、最後はシュールなのかホラーなのか・・・?

キャッチボール


ねんどでキャラクターを作る作例です。ボールは糸で釣りました。

食べ物・飲み物を使ったでコマ撮り

みかん顔


僕が大好きなジャンル、食べ物コマ撮りです。

カラフルチョコ


お菓子は色や形が可愛いものがたくさんあると思うで、コマ撮りしたくなるモチーフの1つですね。

たい焼き食べるよ


たい焼きでもコマ撮りします。今回はスマイルマークが食べます。

ジャガイモ星人


ジャガイモをスライスして撮影したものを逆再生するやりかた。僕がよくやる手法ですね。

意外なものを使ったコマ撮り

黒板ロケット


ひたすら黒板に絵を描いて消しての繰り返し!

砂らくだ砂さかな


砂を使ったコマ撮りです。

公園ピクシレーション


人でコマ撮りする手法「ピクシレーション」の作例。ジャンプしまくると足をつりそうになるから準備体操はちゃんとしてね!

ぺらぺらバイク


バイクがくるっとまわりつつ、カメラワークも回ったようにみせる演出が気に入ってます。

さいごに

プロの撮影方法について(機材とかアーマチュア等)まではふれていませんが、各作例で撮影の方法や演出方法の解説をしています。フレームレートの考え方、加速や減速、アクションの前にする予備動作、動きの何に気をつけたら良いか、どうやったらそれっぽく見えるのか演出や、コマ撮りならではの省略の表現とかについても書きました。

撮影だけでなく、撮影や編集に使うソフトウェアの紹介とそれぞれの簡単な使い方も載せています。編集ソフトのすべての機能を網羅することはできませんでしたが、この本を読んで簡単な編集はできるようになると思います。

ある小学校でこの本を使ってコマ撮りの授業をしたことがあります。総合学習という名前の授業で、5年生が1年間かけていろんなコマ撮りを作りました。僕は2回ほど授業にお邪魔して子供たちの作品に真剣なダメ出し(笑)やアドバイスをしました。子供達がアイデアをどんどんだしたり、観客にわかりやすくストーリーを伝えることについて真剣に考えたり、彼らの成長がすごくて驚きました。
子供向けのワークショップなどを考えている人にもこの本を活用してもらえたらと思います。

コマ撮り始めてみたいなという方はぜひ読んでみてください。