作品レビュー 2016年8月27日

IKEA 10th カタログムービー

こんにちは。泰人です。
僕と阿部さんがやってきたお仕事の紹介です。

IKEA 10th カタログムービー

メイキング話

IKEAが日本に来て今年で10周年だそうで、その記念ムービーです。
IKEAは毎年カタログを出していまして、2006年から10年分のカタログがあるので、それを使ったコマ撮りのムービーを作って欲しいというオーダーでした。
僕と広告代理店の人たちみなさんと何度も打ち合わせして、カタログを使ってどんな表現ができるかのアイデアを出しました。カタログを切って紙人形を作ったり、ペーパークラフトの家具を作ったり、付箋を使ってみたり、切り抜いたり、影絵にしたり。思いつく限りのアイデアを盛り込みました。全部できて幸せ。

文字とかの切り抜き作業はイレストレーターで形を作ってからレーザーカッターで切ってます。レーザーカッター便利ですねー。もちろん手作業で切り抜いてるのもあります。
そして撮影は7日間。すごく楽しい1週間だったなー。やったことない手法に挑戦しているので、それぞれのシーンが上手くいくかは撮ってみないと分からないところがあるんですが、撮影が1つ終わってプレビューをする度にスタッフから歓声がわくんですよね。「動いてる動いてるー!」みたいな。それが本当に楽しいです。

スタッフ

企画/監督/アニメーター(あと手の出演)・・・竹内泰人
アニメーター・・・阿部靖子さん
アニメーターアシスタント・・・松崎希光子さん
カメラマン/照明・・・古賀親宗さん。
古賀さんとはここ数年よく一緒に仕事をさせてもらってます。

ではでは、また次の作品で。

    
ドラゴンフレーム 2016年8月20日

フレームを隠す

撮影が終わり、プレビューして動きをチェックしているとき、ここを1コマ抜いたパターンも見てみたいな…、という時に便利な「隠す」機能。
フレームを削除するのではなく、仮に見えなくすることができます。
見えなくしているだけで画像は残っているので、簡単に復活させることができます。
conformをかけると、隠したフレームは削除されます。消した画像はbackupフォルダに送られます。 

やりかた

①タイムライン、もしくはXシートの任意のフレームをクリック
スクリーンショット 2016-07-31 18.01.01をクリックするとフレームが隠される
③戻したい時は、隠したフレームをクリックして選択し、ふたたびスクリーンショット 2016-07-31 18.01.01をクリック。

表示の切り替え

スクリーンショット 2016-07-31 18.01.10スクリーンショット 2016-07-31 18.04.00かショートカット「H」で、
隠したフレームの表示方法を切り替えます。

スクリーンショット 2016-07-31 18.01.10→隠したフレームをタイムライン上に表示。

タイムラインでは画像に水色の斜線が入った状態、Xシートでは番号のないフレームとして表示されます。
スクリーンショット 2016-07-31 18.06.18
スクリーンショット 2016-07-31 18.06.27

スクリーンショット 2016-07-31 18.04.00→隠したフレームを表示しない。

隠したフレームの前後のフレームの間に、水色のバーが表示されます。

スクリーンショット 2016-07-31 18.01.30
スクリーンショット 2016-07-31 18.02.16

「隠す」のショートカットはoption(Alt)+クリック

任意のフレームをクリックしながら、optionを押します。(WindowsはAlt)
隠したフレームを戻したいときは、隠したフレームをクリック+optionで戻ります。

!注意!

便利な「隠す」ですが、多用するとエラー起こしやすい機能でもあります。

1フレーム飛ばしで隠すを適応した場合に実際に起こったエラー。
(1・2・3・4・5・6の、2・4・6だけを隠した状態)
隠したフレームを複数選択し、一度に戻した時
戻したフレームの画像の順番が入れ替わっていたり、画像がなくなってしまったりしました。

この場合、消えたフレームが運良くbackupフォルダに保存されていればいいのですが、それも保証できません。
とびとびでフレームを隠した場合、面倒でも1フレームずつ戻していった方がエラーは起こりにくいようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「隠す」は使わないかもしれないフレームを仮に見えなくするための機能です。消えてしまったらまずいフレームは隠さないほうが無難です。

必要なフレームは別のテイクか、X2フォルダに撮影しましょう。
参照→X1、X2撮影

撮影後に 隠す機能を使ってアニメを細かく精査したいときは
念のため、ファイル>テイクの編集でテイクを複製し、複製した方のテイクをいじるという習慣にしたほうが安全です。

    
コマ撮り道具 2016年8月13日

ワイヤレステンキーパッド

ドラゴンを買うとついてくるテンキーパッドですが、
使っていると案外すぐに壊れてし
まいます。
せっかくなので、ワイヤレスタイプのテンキーに買い換えてみてはいかがでしょうか?

Satechi Bluetooth ワイヤレススマートテンキー

IMAG6819_20160810151257208
私のおすすめはこちら。
Amazonで見る

【特徴】

・ケーブルがない。取り回しがいい!
・Bluetoothで接続するので、USBポートの節約になる。
・Modeボタンでテンキーモード、電卓モードが切り替えられる。電卓モードは撮影中のちょっとしたコマ計算に便利!
・Mac、Windowsどちらでも使える。
・気になる電波の強さですが、10メートルくらい離れても問題なく使えました。多少なら遮蔽物があっても大丈夫。
・30分間触らないでいると、電池節約のため自動スリープになる。
・スリープ状態になったら、wake upボタン+何かのキーを押すと3~5秒で復帰する。

デメリットをあげるとしたら、
テンキーパッドとしては少し高いところ、
電卓の液晶がついている分、普通のテンキーより大きいところでしょうか。

もし他のワイヤレステンキーがよかったら


仕様書を見て、下記の内容に注意すると失敗がないと思います。

①キーリピート(長押し)機能がついてること
②自動的スリープに入るまでの時間
③スリープ状態から立ち上がるまでのタイムラグ
④PCの対応機種(WindowsとMac)

ちなみに私は一度、別の商品を買ってみたのですが、
キーリピートがついておらずドラゴン用テンキーとしては使えませんでした。

キーリピートについては仕様書に書いてないこともあるので、
レビューを見たり、製造元に問い合わせたり
調べてから購入してみてくださいね!