コマ撮るヒトビト 2016年5月31日

竹内 泰人

「コマ撮る人々」はコマ撮りを作っている人やチーム(会社やスタジオ)を紹介するコーナーです。
第1回目はコマコマ隊の隊員竹内泰人の自己紹介です。

hitobito_001_taijin01

簡単な自己紹介

こんにちは。
竹内泰人(たけうちたいじん)と言います。
ふだんはコマドリストを名乗って活動しています。

1984年 生まれ
2007年 九州芸術工科大学 (画像設計学科) 卒業
2009年 武蔵野美術大学 大学院 (映像コース) 卒業
2016年 東京都在住

学生時代・仕事をはじめたきっかけ

僕は大学3年生のときからコマ撮りを作り始めました。
その時の代表作はこちら『オオカミとブタ』

『オオカミとブタ』は大学4年生の時につくった作品です。
メイキングについてはこちら「作品レビュー:オオカミとブタ」
大学院を卒業したあとにこの作品をYouTubeにアップしたらネットで話題になりまして、それがきっかけで仕事が来るようになり、仕事のこととかよく分からないままフリーランスになりました。

大学院の時に作ったのはこちら
『魚に似た唄』

現在のお仕事

基本的にコマ撮りの監督をしています。
お題(メッセージや使って欲しい商品など)を与えられて自分でストーリーを考えて絵コンテを書いて、撮影後の編集も自分でする場合が多いです。自分がアニメーターとして動かしをすることが多かったですが、最近はアニメーターを雇うようになったので、ディレクターに専念する形が増えてきました。

また、他の監督の仕事で「コマ撮りやりたいんですが、やったことがなくて困ってます!」みたいな現場に出向いて、撮影方法を提案したりアニメーターだけしてくる、みたいな仕事もよくやります。

フリーランスですが今は仕事のマネージメントをキラメキという会社にお願いしています。広告の仕事はここが窓口となっていますが、企画によってはキラメキを通さずに請けることもあります。

キラメキ

キラメキはCM制作会社なので、僕が作っているものも広告関係が多くて、企業のサイトやYouTubeにアップされるweb用のムービーがほとんどですね。
TVCMと違って尺が長くてもいいので1〜3分くらいをよく作ってます。

仕事で作ったもの

『オリンパス:ペンジャイアント』

キラメキのworksページへ

オオカミとブタの手法をでっかくしたやつです。撮影場所はルーマニアで、本当に路上に看板をならべています。CG一切無し!

『マクドナルド:カーリーポテトフライ』
キラメキのworksページへ

2015年のお正月にwebで流したムービー。マクドナルドから期間限定で「カーリーフライ」というクルクルしたフライドポテトが売られたんですが、それをつかって羊を作りました。その年が未年だったので。赤い紙の上にガラス板をおいて、フライドポテトをならべて真俯瞰で撮影しています。

『シヤチハタ:Xstamper 50周年ムービー 50歳の不合格』
キラメキのworksページへ

シヤチハタの朱肉のいらないハンコ「Xstamper」の50周年記念のwebムービーです。登場キャラクターはすべて印鑑。1500回以上も手作業で押印しています。セットも影絵で作っています。

こんな感じで僕は人形アニメをほとんどしたことがなく、クライアントの商品(ペットボトル・フライドポテト・本などなど)をそのままキャラクターとしてコマ撮りすることが多いです。食べ物のコマ撮りとか好きですね。

質問コーナー

Q:普段どんな機材で撮影していますか?

スチールのカメラマンと一緒に仕事をしますが、カメラは最近はキヤノンの5Dが多いです。それをパソコンについないでドラゴンフレームで撮影するパターンが多いです。
パソコンはMacBookPro。

Q:好きなフレームレートは?

割とコマ数が少ないのが好きで、8か10fpsが多いです。
ピコピコした動きにしたくて、シーンによっては5fpsくらい落とすときもあります。

Q:お気に入りの道具はなんですか?

moribashi
盛り箸です。
長さ33cm。紙とか小さいものを動かすことが多いですが、指で押すと汗で指にくっつくのでこの箸で押したりします。最初は竹串を使ってたんですが、あるときフードスタイリストさんが持っているこの盛り付け用の箸をみて「これや!」ってなって、高島屋に行って買いました。
とんがっている先端と平らになっている側があるので使い分けてます。

Q:好きなコマ撮り作品

ファンタスティック Mr.フォックス
顔のアップのときの毛皮の感じとか、話やキャラクターのセンスがツボです。シーンによっては人形アニメならではなむちゃくちゃな動きというかコミカルな動きもあるのもいいです。

Q:気分転換の方法

ストレッチをよくします。血の巡りをよくしたらすっきりするんじゃないかなと思って。
あまりしませんが、たまに倒立も。壁を使って倒立するんですが、血液がガッて頭にのぼるので頭が強制的にスッキリします。

Q:ニックネームはありますか?

多いのは「たいじんさん」?

Q:好きな差し入れはありますか?

シュークリーム!

Q:撮影中のお気に入りのBGMは?

疲れてくるとサカナクションをかけます。疲れた時用にとっといてます。
高揚感があるけど、テンションが上がりすぎないのがいいです。
テンションがあがりすぎるとアニメートが雑になるるから(笑)

Q:趣味ありますか?

テレビゲームでアクションゲームが好きです。最近はダークソウルというシリーズをずっとしてます。

Q:最近の悩み

とんこつラーメンが好きなんですが、食べると翌日胃もたれが来るようになりました…
ケンタッキーも胃がもたれるようになりました…
おっさんになったなぁって。

    
イベント情報 2016年5月31日

第16回広島国際アニメーションフェスティバル

http://hiroanim.org

日時

2016年8月18日(木)〜8月22日(月)

場所

広島県広島市中区加古町4−17
JMSアステールプラザhttp://h-culture.jp/

隔年で開催されている広島国際アニメーションフェスティバル、今年も開催時期が近づいてきました。
世界各国から集められた珠玉のアニメーション作品が4日間にわたって上映されます。
今年は国際選考委員に真賀里文子さんが選ばれ、コマ撮り好きとしては見逃せない回になる!かも?

    
作品レビュー 2016年5月31日

『オオカミとブタ』

コマ撮り作品やコマ撮り以外でも何か面白い作品たちを紹介するコーナーです。
初回は隊員1号竹内泰人の代表作『オオカミとブタ』を紹介します。
自分の作品なのでメイキング的なことを書こうと思います。
大学4年生のときに撮影を始めて、大学院1年のときに完成した作品です。

アイデアのきっかけ

この写真を並べていくコマ撮りのアイデアがどこから出てきたかと言うと
もともとはこういう写真をつなげてパノラマ写真みたいなものを作っていました。
(画像をクリックすると大きく表示されます)

僕の部屋

joiner_01


ユニットバス

joiner_02


高架下

joiner_03

アメリカの芸術家デビッド=ホックニーが発表した手法で「ジョイナー写真」と呼ばれます。
この手法が面白いなと思って、自分の部屋や街中などいろいろな場所で作っていました。

これらを作っているときに、同じ人が複数の写真に写っていて歩いていく様子が見えたり、写真を並べたら空がだんだん夕方になっていったりするのを見つけて、写真作品だけどまるで動画みたいだなと思ったのです。この作品を作っていたのは大学の3年生の時なんですが、そのときにはコマ撮りをいくつか作った後だったので、この動画見たいな写真という手法をコマ撮りでもう一度動画にしたら面白いんじゃないかと思って作り始めました。

メイキング

オオカミの帽子やブタは手作りです。

オオカミ役は友達、カメラマンが僕という感じで道端で撮影するわけですが、オオカミの帽子をかぶった友達とブタを抱えた僕が歩くとすごい注目されました。指さされたり「ブタだー」って子供に叫ばれたり(笑)

オオカミの写真撮影は友達と一緒に1歩ずつ歩きながらやって、終わりまでいったら最初の場所に戻って今度はブタの撮影。ブタを動かす係はそのオオカミ役の友達。ブタを撮り終わったら背景だけの撮影。外で3回撮影して、それらを印刷したら最後に部屋の撮影なので1コマの撮影に4回シャッターを切っている計算に!

公園からスタートして、階段を降りたり、踏切を渡ったり、エレベーターで上がって、プールで泳いだりのアイデアは自分の部屋をながめながら長い間考えて撮影しました。同じ風景ばかりだと飽きてしまうので、写真の貼り方も床や壁などバリエーションを出そうと思ってました。

212_1213
印刷した写真は1300枚くらい。自宅のプリンターで印刷していたのですが、用紙やインク代は5万円になりました。写真の裏にどのシーンのどのキャラクターで何番目に使うのかなどをメモして管理しておくのが大変でした。

wolfandpig_04
プールのシーンではオオカミの写真はコップの上に乗せています。隠すつもりはなかったのですが、水をはったらコップも見えなくなってしまいました。

この作品がYouTubeで「おすすめ作品」に選んでもらえて再生数がのびたのです。2009年ごろの話なんですが、そのころはすべてのユーザーが同じ「おすすめ作品」を見ていたのです。そこに紹介されるとすごい再生数がのびたのです。いまは「あなたにおすすめ」みたいにバラバラなんですけど。
それで話題になって、そこからコマ撮りの仕事がくるようになりました。
それ以降の竹内泰人の話はこちらの「コマ撮るヒトビト:竹内泰人」にて。