ドラゴンフレーム 2016年8月8日

フレームの保持ーフレームを増やす

フレームを保持するとは、フレームをコピーして増やすことです。

やりかた

フレームを保持のやり方はいくつかあります。

ボタンを使う

①任意のフレームを選択して、タイムラインの右側(またはXシート下部)の黄色い矢印のボタンスクリーンショット 2016-07-31 15.26.49をクリック。
スクリーンショット 2016-07-31 15.28.17
②「ホールド」のウインドウが出てくるので、増やしたい数を入力してOKをクリック。

カーソルを使う

①タイムラインの画像の右端(もしくはXシートのフレーム番号の上)にカーソルを持っていく。
②カーソルが矢印の形に変わるので、そのままドラッグするとカーソルを動かした幅だけフレームがコピーされて増える。

スクリーンショット 2016-07-31 16.06.22
コピーしたフレームは黄色いバーで囲われ、どこがコピーした画像で、何枚あるのか一目でわかるようになっています。

コピーをしたらconform

何枚コピーしてもデータ上では「元の一枚の画像」だけとして処理されています。
conformすると黄色いバーが消え、コピーしたフレームに番号がふられ、それぞれが別の画像として処理されるようになります。

「保持する」のショートカットは「R」

マウスでカーソルをいちいち動かすのが面倒なときはショートカットキー「R」が便利です。
方向キー(←→)で増やしたいフレームを選択してRを押すだけ。
保持したフレームを戻したいときは、増やしたフレームを選択してoption+R(WindowsはAlt+R)を押してください。

 

    
イベント情報 2016年7月31日

ひつじのショーン展

d14654-11-219133-2

ひつじのショーンが東京にやってくる!
言わずと知れたアードマンの大人気シリーズ、ひつじのショーン。
その展示がこの夏 銀座で開催されます。
日本初公開のジオラマや、貴重な原画が多数展示される予定だそう。
アードマンファン・ショーンファンとしては絶対行きたいですね!

期間

2016年8月3日(水)〜22日(月)

会場

松屋銀座8階イベントスクエア
東京都中央区銀座3-6-1

開催時間

午前10時〜午後8時
(最終日午後5時閉場・入場は開場の30分前まで)

内容

人形・ジオラマ展示、原画展示、ひつじのショーン グッズ販売

ひつじのショーン展公式サイト

松屋銀座での開催後、全国を巡回する予定だそう。
詳細は発表され次第、コマコマ隊でもとりあげていきたいと思います。

    
ドラゴンフレーム 2016年7月22日

コンフォーム

ドラゴンでの大事な機能というか、仕組みであるコンフォームについて説明します。
conform(コンフォーム)というボタンがあるのでまずその場所から。

タイムラインを表示しよう

ここをクリックしてタイムラインを出します。

df_conform_01_1

タイムラインにはそれまでに撮影したコマが表示されます。

df_conform_02_1

このコマはfeed画像ではなくX1画像のようです。
タイムラインを常に表示しておけばX1でのエラー(明るさがおかしいなど)にすぐ気付けるので、表示しておくアニメーターもいます。

編集とコンフォーム

タイムラインではコマを選択して増やしたりコピー&ペーストで移動させたりと、編集がいろいろとできます。(それについては別記事で)
タイムラインでコマの編集をしたり、撮影中にコマを削除したりする行為は、その時にはまだ仮決定の状態です。この段階でX1フォルダの画像を見に行くと、消したはずのコマが残っていますしコピーしたはずのコマが増えていません。
すべて仮決定の状態で、ドラゴンがタイムラインの中でそう見せてくれているのです。

それを最終決定にするのが左端のconform(コンフォーム)というボタンです。
df_conform4

コンフォームすると画像の削除や複製などがX1フォルダの中で実行されて名前も振り直されて、コマの編集が完成します。ドラゴンを終了する時に「フレーム編集を確定する」というウィンドウが出ることもありますが、これも同じことです。
編集などがされてコマが仮決定の状態だとconformの文字は黄色になり、確定をすると文字は灰色になります。

この仮決定状態というのはドラゴンのメモリをくうらしく、編集作業がたくさんしたままconformをしていないで撮影をつづけるとエラーを起こすようになります。なので撮影中でもたまにconformできるときはしておくことをお勧めします。

ショートカット

command + 「O(オー)」
でもコンフォームウィンドウがでます。