コマ撮りのつくり方 2016年5月25日

つくり方:フレームレートとは

フレームレートって?

1秒の映像が何枚の画像から構成されているかをフレームレートといいます。
単位はfps(frames per second)。
フレームはコマ・画像のことですね。

テレビなどは30fpsで、1秒間に30のフレームを表示します。
(放送に関して細かくいうと29.97fpsになるんですが)
映画は24fpsで、フィルムのコマが24つで1秒の映像ができています。
映像を作る時にfpsをどうするかを決める必要があります。
テレビ放送をするときは規格なので守らないといけないですが、
YouTubeなどのwebにアップするデータはどんなfpsでも大丈夫です。

コマ撮りの場合、何コマで1秒分の映像になるのかは大事な問題です。
フレームレートについて簡単に説明していきましょう。

フレームレートを変更すると

fps_01

何かのアクションを10コマで撮影して、10fpsで再生すると1秒分の映像になりますが、5fpsで再生すると2秒分の映像になるのでゆっくりとした動きとなります。

あらかじめフレームレートを決めて「ここのアクションは何秒でするので何コマを撮影する」という計画を立ててもいいですし、撮影しおわってから再生してみて、動きが早いと思ったらフレームレートを下げたり、遅いと思ったらフレームレートをあげるという編集もできます。

フルアニメーションとリミテッドアニメーション

30fpsや24fpsなどコマを最大限に使うアニメーションを「フルアニメーション」と呼び、それに対してコマ数が少ないものを「リミテッドアニメーション」と呼びます。
1秒間に表示させるコマが多いほどなめらかな動きになりますが、その分撮影する枚数が増えるので、時間がかかります。逆にコマの数が少ないとカクカクして見えますが、それもコマ撮りらしさと言えるでしょう。好きなfpsを見つけてください。

何コマ打ち

fps_02
コマ撮りの現場では「2コマ打ち」「3コマ打ち」という言葉が出てきます。
アニメートの中の1つのポーズを連続で2コマや3コマ撮影する(同じコマを作る)やり方で、映像自体のフレームレートを変えずに、アニメーションのポーズの数を少なく動きをつける方法です。
24fpsに対して2コマ打ちだと12fpsと同じことになり、3コマ打ちだと8fpsと同じことになります。

編集で1コマの表示時間を長くすればよいわけですが、仕事などで監督や映像編集マンがコマ撮りに慣れていない場合や、普通の映像とコマ撮り映像がまざるときなどは全体のfpsを30や24などに統一する方が都合がよいので、2コマ打ちなどの撮影をすることがあります。

お仕事のときは監督や編集マンとフレームレートをいくつにするか、カットによって変えるのか、基本のフレームレートを決めるのかなどよく話し合う必要があります。

ちなみに24fpsは2,3,4,6,8など割れる数が多いのでアニメーションでよく使われる数字です。
また24fpsは30fpsに対して1秒あたりの撮影する回数が6コマ分少ないですし、編集作業も少なくて成立するので、効率的という利点もあります。

    
コマ撮りのつくり方 2016年5月24日

つくり方:基本その1

howto_kihon_01
コマ撮りの作り方をざっくりと紹介します。
人によってやり方は本当に様々なので、自分のやりやすい方法を見つけてください。

コマ撮りの流れ

1:ストーリーを考える

どんな話にするのか、キャラクターをどんな素材で作るかなどを考えよう。

【2:動かすものを用意する】

人形を用意したり自作しよう。

3:撮影の準備をする

キャラクターとカメラをセットします。

4:撮影する

キャラクターを少しずつ動かしながらカメラで撮影していきます

5:パソコンで動画にする

カメラで撮影した画像をパソコンに読み込んで、映像編集ソフトで編集して動画にします。
そのあとは友達に見せて自慢しましょう。

基本的な道具たち

howto_kihon_02

カメラ

デジタルカメラ。コンパクトカメラでも一眼デジカメでも撮影できます。
長時間撮影するときはバッテリーではなく、ACアダプターをつなぎましょう。
コンデジでオートフォーカスしかないと、撮影中にピントが動いたりするので要注意。フォーカスはマニュアルモードにしておきましょう。

そして、一眼デジカメで三脚につなげる場合はスタビライザーはちゃんとオフっておきましょう。

ビデオアシスト

撮影中にライブビューをみたり、撮影したコマを再生してみれるシステムのことをビデオアシストといいます。必須ではありませんがあると便利です。

主要なものは、iStopMotion、クレイタウン、DRAGONFRAME、ランチボックスなどがあります。
コマドリルでは主にDRAGONFRAMEの使い方を紹介していきます。

三脚

撮影中にカメラが動くと画面がブレてしまうので三脚などで固定しましょう。三脚は大きくて重いほうが撮影中にずれなくてよいですが、重すぎると持ち運びも大変なので自分が扱いやすいものを選んでください。基本的に三脚はウエイトをかけるか、テープで床に貼り付けるなどして動かなくする工夫をします。

howto_kihon_03
コンデジなら小さくて軽い三脚でも、テープなどでテーブルにとめてもOK

三脚がなくても箱の上にテープで止めたりして固定するのもありです。

照明機材

部屋で撮影をしていて窓から日光が入ると、コマごとに明るさが変わってしまうので、カーテンをしめたり遮光を考える必要があります。
また、普通の蛍光灯の明かりで撮影しているとフリッカー(明るさのちらつき)がおきることがあります。気になる場合は照明機材も用意しましょう。

howto_kihon_04
こちらはアイランプという写真用の照明機材。ヨドバシカメラなどの家電量販店などで買えます。これで撮影をするとフリッカーは起きません。これ以外にLEDライトもフリッカーは起きません。

舞台・セット

キャラクターを登場させる時の背景も必要でしたら作りましょう。撮影は長時間になることが多いので、中断した時にそのまま残しておける場所に設置するのがよいですよ。