ドラゴンフレーム 2016年5月27日

フォルダの構成

ドラゴンで撮影された画像データがどこにどう保存されているか説明します。
ドラゴンでつくられるフォルダの構成はこんな感じになっています。

df_folder_kaisetsu
SAMPLEというプロジェクト名になっていますが、ここはみなさんの好きな名前にしてくださいね。

各フォルダの説明

プロジェクト

df_icon_project
1つのプロジェクトを作成するとその中に図の様に複数のフォルダが自動で作られます。撮影した画像はこの中のそれぞれのフォルダに自動で保存されていきます。1つずつ見ていきましょう。

ドラゴンのアイコンがかっこいい!

Take

df_icon_take
この中に「X1」「feed」「backup」のフォルダがつくられ、それぞれに撮影された画像が保存されます。
メニューバー ファイル > 新しいテイク
でこのTakeフォルダも増えていきます。

**_X1

df_icon_X1
この中に本番の撮影データが保存されます。撮影が終わって編集するときはこのフォルダからデータを持っていきましょう。jpgとrawの両方を撮影する場合はどちらのデータもこのフォルダに入ります。

**_feed

df_icon_folder
プレビュー用の画像が保存されます。
プレビュー用の画像はX1のデータとは別で、画像サイズが小さいです。通常ドラゴンの中で再生するときはこちらのデータが再生されます。
この画像はライブビューをスクリーンキャプチャして作っているようで、被写界深度(ピントの深さ)や明るさなどがX1の画像とは違います。
撮影がちゃんと出来ているか確認するときはX1の画像を見ましょう。

hq

df_icon_folder
feedフォルダの中にあるフォルダ。
高解像度のプレビュー用の画像です。
「高解像度プレビュー」をオンにするとここの画像が再生されます。
解像度はfeedと同じですがX1から作られているようで、ピントなどはX1と同じです。

**_backup

df_icon_folder
ドラゴンの中で撮影したコマを削除すると実際にはゴミ箱へいかずにこのバックアップフォルダに移動します。なので削除したコマをあとから復活させたりもできますし、編集段階になって「やっぱりあのコマが必要だった!」ということになったら、このフォルダの中から探してください。

Take.xml

df_icon_takexml
画像の削除や順番の入れ替えなどの情報が自動で記録されたもので、基本的に触らないほうがよいです。ここをいじる技もあるそうですが。
このアイコンはパソコンによって様々だと思います。

Tests

df_icon_tests
カメラ設定画面の「テスト撮影」で撮影された画像はここに保存されます。
クオリティはX1と同じものです。

注意

フォルダの名前やファイル名などはドラゴン以外から(finderなどから)書き換えるとエラーのもとです。気をつけてください。

    
ドラゴンフレーム 2016年5月27日

テンキー

df_tenkey_pad

ドラゴンを購入するとこのようなテンキーパッドが届きます。
普通に市販されているテンキーでも使えますが、トグルなどの機能のアイコンが印字されているので便利です。ケーブルも2mくらいあるので、広い現場でパソコンから離れて操作したいときにも便利!

キーパッドウィンドウ

df_tenkey_pc
メニューバー ウィンドウ > キーパッド
でパソコン画面上にこのようなテンキーを表示することもできます。

各ボタンの機能

数字に機能が割り振られているので0〜9まではキーボードの数字を押しても使えます。

【エンター】シャッター

df_tenkey_enter
押すと、1コマ撮影します。長押しするとウィンドウが出て、数字を入力して「スタート」を押すと、入力した数字だけ連続してシャッターを切ります。そのあとは単発のシャッターに戻ります。

【0】再生

df_tenkey_0

【1】表示するコマを1つ戻す

df_tenkey_1

【2】表示するコマを1つ進める

df_tenkey_2

【3】ライブビューを表示

df_tenkey_3

【4】オートトグル

df_tenkey_4
「自動トグル」や単に「トグル」とも呼ばれてます。
ライブのコマと前のコマを自動で交互に表示してくれます。もう一度押すとオフ。
直前のコマだけでなく「1(コマを戻す)」「2(コマを進める)」を押して見比べるコマを選べます。以前のコマと見比べている状態で「3」を押せばライブビューと1つ前のコマを見比べる状態になります。
トグルの状態で「+プラス」「ーマイナス」を押すとコマの切り替えの速度を変えれます。

【5】ライブトグル

df_tenkey_5
「5」を押している間だけライブビューが表示されます。
ライブビューが表示された状態で押すと、押している間だけ1つ前のコマが表示されます。好きなテンポでトグルしたいときなどに使います。手動トグルと呼ぶことも。

【6】ショートプレイ

df_tenkey_6
再生するときに最新の数コマだけを再生してくれます。オンオフのボタン。長押しすると何コマを再生するのかを入力するウィンドウが出ます。

【7】ブラックフレームの表示

df_tenkey_7
再生の最後に黒い画面を表示してくれます。ループ再生のときにはじまりと終わりが分かりやすくなります。
長押しすると「ライブビューの表示」に切り替わります。
再生の最後のライブコマを長めに表示してくれます。
表示の長さは
メニューバー Dragonframe > Preferences > 再生
「再生後のブラック画面」で変えれます。

【8】繰り返し再生

df_tenkey_8
「繰り返し再生」がオンになります。(ループ再生とも呼びます)
オンにしておくと再生したときに何度も繰り返して再生してくれます。
もう一度押せばオフ。
長押しで「ピンポン再生」のモードに切り替わります。
「ピンポン再生」は最初と最後をいったりきたりして見せてくれます。

【9】フレームを削除

df_tenkey_9
ウィンドウがでて、「中間のフレームを削除」にチェックを入れて数字を入力すると、その番号のコマまでを削除します。数コマ前まで戻って撮り直したい時に使います。チェックをいれないと、入力した番号のコマのみを削除して撮り直しをします。

【バックスペース】フレームを削除

df_tenkey_bs
ライブビューをみている状態でこれを2回押すと最新のコマが削除されます。
2回なのはミスって削除しないためだと思います。

【小数点】高解像度プレビュー

df_tenkey_dot
長押しをすることでオン。
プレビューが綺麗になります。

【プラス / マイナス】透明度・テンポの調整

df_tenkey_plus df_tenkey_minus
オニオンスキンの透明度を操作します。
自動トグルをしているときに押すと、トグルのテンポが変わります。

【ミュート】

df_tenkey_mute
オーディオ画面でオーディオデータを読み込んだ時に再生時にその音を流さなくなります。シャッター音などはミュートされません。

    
ドラゴンフレーム 2016年5月27日

フォーカスチェック/ピントをあわせる

df_camera_pint_01

カメラ設定画面で、数字の「3」か「L」のボタンをクリックするとライブビューが表示されます。赤枠が出ればライブビューです。

1:フォーカスフレーム表示

このボタンをクリックするとフォーカスフレームがライブビューの中に表示されます。
ピントを合わせたいところへドラッグしましょう。人形などでしたら基本的には目に合わせます。

df_camera_pint_02

2:フォーカスチェック

フォーカスチェックのボタンをクリックするとフォーカスフレーム内が拡大されてピントを合わせやすくなります。ピントをあわせたらもう一度クリックしてもとの画面にもどしましょう。
フォーカスチェックのまま撮影するとプレビュー画面が拡大されたものになってしまいます。

3:フォーカスの調整

「<<<」「<<」「<」「>」「>>」「>>>」などをクリックするとフォーカスが動きます。ピントが動く動作はゆっくりなのでクリックしてから一瞬待ちます。正直もどかしいので手でフォーカスリングを動かすほうが速いじゃんって思いますが、真俯瞰撮影でカメラが高い位置にあるときなど、カメラに触れないときに使います。
マニュアルフォーカスレンズはフォーカスが電子制御されていないのでこの機能は使えません。また、キャノンカメラにマウントアダプタを使ってニコンのレンズをつけている場合なども同様にこの機能が使えません。