コマ撮りのつくり方 2016年10月15日

造形工作アイデアノート

美術セットなどを作りたいけど、どうしたらいいのか分からない!という人にオススメの工作本の紹介です。

ideanote
『造形工作アイデアノート―オトナのための工作本』

著者はパンタグラフさん。
美術の仕事をしていた人たちがコマ撮りもするようになったチームです。

そのパンタグラフさんの美術のノウハウがたくさん書かれています。工作とかしたことない人にもわかるように色んな道具の使い方やコツが色々と紹介されてて、説明もとても分かりやすいです。

スタイロフォーム(発泡スチロールみたいな素材)・MDF(合板)・プラ板などの切り方や接着の仕方、そして塗装の仕方などなど。特に塗装の仕方によって質感をかえるとこなどはプロの技が見れて「へぇ〜」って言いまくり。

作例になっている作品たちがどれも見てるだけで楽しいです。世界観があるというか、ストーリーを感じるというか。1つの小物だけでもワクワクします。ワクワクするって大事ですよね。

後半にはパンタグラフさんの過去の作品のメイキングも載っていて、アイデアの出し方や、アイデアを途中で変更する柔軟性や、よりよくするための工夫だったりが満載です。そういった文章を読むだけでも面白い本です。

パンタグラフ

http://www.pangra.net/

著者のパンタグラフさんはコマ撮りを作っているのですが、キャクターのデザイン・人形制作・美術造形・アニメーション撮影・編集などなどができてしまうすごい人たち。

個人的に好きな作品を紹介。

ここ数年はゾートロープもたくさん作ってまして、展示会に参加などもされています。

ゾートロープ

他にもいろんな楽しい作品がありますので、ぜひサイトの方見てください!

0

ABOUTこの記事をかいた人

竹内 泰人

「コマ撮り大好きコマドリスト」を名乗って活動中。コマ撮りの監督したり企画を考えたり、アニメーターをしています。CM制作会社キラメキにてマネージメントをお願いしています。お仕事の依頼はこちらまで
【キラメキのサイト】メール:kirameki@kirameki.cc
日記サイト【無重力とザクロドクロ】
Facebookはこちら
Tiwitterはこちら