ドラゴンフレーム 2018年4月8日

【DF3&4】Depth of Field Preview(被写階深度のプレビュー)

例えば、フォーカスは手前のキャラクターに合っているが、f16まで絞りこんで奥のキャラクターまでフォーカスの範囲におさめたい、というカットを撮影する場合。
通常のライブでは
スクリーンショット 2018-04-07 22.04.46
このように、奥のキャラクターはボケてしまいます。
これはライブ画像を明るく表示するために、カメラが自動で絞りを開けているためです。
そこでDepth of Field Preview(被写階深度のプレビュー)機能を使います。

スクリーンショット 2018-04-07 21.56.45
上の画像のように シーン>シーン設定>ビデオ>Depth of Field Previewをonにすると、
本来のf16まで絞ってライブを表示してくれるので、奥のキャラクターまではっきりと見ることができます。
ただし、もともとカメラ本体についている「絞りのプレビュー」機能をドラゴンで操作しているだけなので、カメラに機能がついてない場合は使えません。
スクリーンショット 2018-04-07 22.04.26

デメリット

・ライブが暗くなる。
どうしても暗くてアニメしずらいときはガイドレイヤー(アニメーションパレット)のガイド映像レベル(画面調節)で明るくする。

・連続撮影すると、絞りの切り替えが追い付かなくなるためか、feed画像を絞りを開けた状態で撮ってしまうことがある。X1画像には影響はない。

・カメラとの相性によっては、カメラ接続が切れたあと復帰しにくくなるなど不具合が出ることがあった

 

Ver:Dragonframe3.6.9,Dragonframe4.0.4

0

ABOUTこの記事をかいた人

阿部靖子

アニメーター・セット/人形造形
コマ撮りアニメーターをやっています。動かすのが好き。
セットや小道具、人形も作ります。
ドラゴンについての解説を書いてますが、まだわからないことも多いので
こういう使い方もあるよ!等あったら、ぜひメールください。
お仕事はこちらから→ yasuko.a.85@gmail.com
Facebook:yasuko.abe.16